FC2ブログ


雨の中で

Category: 追憶  




雨の中で



紫陽花の葉より滴る雨粒に、貴方への想いが零れ落ちる

あの日、激しい雨の中で強く抱きしめられた指跡と・・・

髪先から滴る程、びしょ濡れの中求め合う唇の感触に・・・

二人の吐息さえ、雨音にかき消されてゆく

私の瞳を見つめ倒して、恥じらう隙も与えてくれない

貴方に、私の鼓動は鳴り止まないままでいる

互いの気持ちが逸れないように・・・

激しく打ちつける雨で、閉じ込めて・・・





テーマ : ◇恋愛詩〜過去〜◇    ジャンル : 恋愛
 2018_06_12

Comments

 

雨音にかき消されるという表現は切ないですね。
タケブロドットコム  URL   2018-06-13 12:47  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2018-06-14 07:46  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2018-06-16 00:34  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2018-06-16 22:33  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2018-06-17 22:24  

 管理者にだけ表示を許可する

10  « 2018_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

紗夜

Author:紗夜
訪問有難うございます
心に宿った言葉を詩にしています

応援して頂けると嬉しいです。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エッセー・詩
6位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数

検索フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P