FC2ブログ


琥珀色の残骸

Category: 追憶  





琥珀色の記憶の中にある、十六に芽生えた淡い恋

卒業前に一通の手紙と共に、儚く散ったはずなのに・・・

『君への想いは、僕から先でないと駄目だから・・・

僕の横で微笑むだけでいい』

後から届いた、貴方からの言葉と第二ボタン・・・

両想いなのに、私だから駄目なの?

若すぎて知る由もない、彼の捻じれた愛に

釈然としない想いだけが、記憶の残骸として残っている




テーマ : 過去の恋    ジャンル : 恋愛
 2018_04_07

Comments

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2018-04-07 23:41  

やっぱり散っちゃったんですか 

どっちも相当屈折してますなぁ。素直に好きです言うたらええのに。え゛、断られ続けた男が何を言う?ちょ、それ禁句。
miss.key  URL   2018-04-08 12:12  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2018-04-08 20:01  

今晩は~ 

なんか いいですね

ボクなんかは その頃は ただのぼっちっだったので


今回のプロフのお姿も素敵です
フラメント  URL   2018-04-08 21:03  

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2018-04-09 21:27  

 管理者にだけ表示を許可する

10  « 2018_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

紗夜

Author:紗夜
訪問有難うございます
心に宿った言葉を詩にしています

応援して頂けると嬉しいです。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エッセー・詩
6位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数

検索フォーム

QRコード

QR


B
A
C
K

T
O

T
O
P