FC2ブログ

愛は吐息に濡れて

多種多様な愛への想いを綴ってゆく詩です。

Entries

バスルーム





バスルーム




かき上げた結髪で、恥じらいと共に湯船に浸かる

躊躇いながらも貴方は、うなじぎりぎりの触点でキスをする

恥ずかしさで全身が紅に染まりゆく様を、湯けむりがかき消してゆく

抱きしめられた感触でのとまらないキスは・・・

唇からの温度が打たれるシャワーも気にならない程、愛してるが溢れ出して

このまま時が止まっていて、私が溶けるまで・・・





*CommentList

白き愛





白き愛




心が少年のまま・・・

純粋すぎる故に、受け入れるのが難しいひと

貴方でしか愛せない私も、同じ仕様かもしれない

無垢な私の心の中に、繰り返し注がれる白き愛

周りの何も見えない程、真っ白に深く浸透してゆく

どの色も寄せ付けない、二人だけの世界






*CommentList

木枯らしのエチュード




木枯らし




忘れられない幻影を追い求めて・・・

面影だけで愛しても、止まった時は戻らない

貴方に重ねて好きになるのは、虚しさを伴うだけ

思い出はそのままに、心の中で浄化して

やがて訪れる冬の足音・・・

かじかんだ心と、冷え切った手足も温めてくれる

新たな愛の高鳴りと共に歩んでゆく



*CommentList

相思心





ハート




欠けたハートの片割れが、貴方にピタリとあわさる時・・・

紅葉の深まりの様に、真っ赤な艶光を放ってゆく

枯れ葉の舞う黄昏と、寒さの訪れに・・・

触れる手と手の温もりで、心、重ねあわせてゆきたい



*CommentList

無情な獣





無情な獣




表向きの綺麗ごとは望んでいない・・・

お互いの愛は、丸腰で向き合いたいと望んでいる

全てをさらけ出せる性で、深く結ばれればいい

不器用でも強がりな私の弱さを、貴方の愛で満たして欲しい

本質さえも受け入れあい、今までに抱えた孤独は打ち消して・・・

潔癖が故に無情な白さは、心髄から私を浸してゆく




*CommentList

切なの雫





切なの雫





好きすぎて、息が出来ない・・・

想いは同じはずなのに、こんなにも胸が締め付けられるのは何故?

いつも逢いたくて・・・でも、逢えない

傷つけたくなくて、想いを飲み込んでしまう

辛い思いをさせてるのは、私だから・・・

深まりたいのに上手くいかない儚さで、切なの雫が滴り落ちる

愛してるがさよならより悲しいとは、知らなかった

繊細な優しさに、甘えてみたいだけなのに・・・

切なの傷が増える度、貴方の愛に支配されてゆく






*CommentList

狂愛





片翼





唯一を求めて彷徨い続けども、完全な結びには辿り着けない

方向性が同じでも、僅かなズレで歯車が狂いだしてゆく

執着から生まれた妥協は、無意味な時が過ぎゆくだけ・・・

片翼が失われた不完全な空虚の中で・・・

同じ傷を持つ、貴方を探して立ちすくんでいる

メンタルな程に譲れない、研ぎ澄まされた欲望で求め狂う




*CommentList

月雷





月雷





静寂の闇夜に、二人だけの鼓動が鳴り響く

蒼が深まりゆく空の隙間に貴方の朱が浸透している

決して交ざりあってはならないもの・・・

見えない苦痛と覚悟が、反復する

割り切れない感情を、優しい光と伴に鋭い衝撃が引き裂く

安堵と恐怖が入り混ざり、心が壊されてゆく

傷つきながらも、惹かれ合う

今までにない、深まりの予感・・・




*CommentList

リフレイン ~ 恋雨





恋雨





愛してる・・・繋いだその手を、離さないでいてくれたら

人生という道のりの中の、幾つもの分岐点

貴方だけを求めて、彷徨い歩く

幾度かの出会いの中、永遠でない度傷ついてゆく

心の中の降りやまない雨は、晴れるときが来るのだろうか?

新たな出会いが訪れた時、過去を超えられる貴方に・・・

戸惑いと、惹き付けられる本能に怯えている

心の奥のブレーキを外せるのは、貴方だけ・・・





*CommentList

愛の楔




愛の楔




異なる二人が、どうしようもなく惹かれ合う

理性や妥協で成り立つ愛は、嘘でしかない

情熱の激しさは、冷酷な程に牙をむき・・・

私の全てを捉えて引き裂いてゆく

お互いだけで深く愛し合えるのなら、タブーはなくていい

惹きあう鎖で繋がれた絆は、二度と切れることはない

愛される程、抱える孤独に怯える私は・・・

貴方だけになりたいと、心の底から望んでいる

誰にも邪魔されない深海で、貴方との愛に溺れてゆく




*CommentList

Confirmer l'amour





愛の確認




貴方の愛を知り、幸せな景色に塗り替えられてゆく

ピュアな心で、恥ずかしさの中結ばれた二人

口づけの密度で、思考が止まり・・・

抱かれる深さに汗ばむ温度で、全てが離れられなくなる

貴方に愛されて、初めての幸せに包まれてゆく





*CommentList

優しい時間




優しい愛





ずっと、気にしていた貴方の優しさに・・・

不器用な二人は、一目逢った時に好きがひろがるのを感じていた

逢いたい・・・傍にいたい・・・

でも、恥ずかしくて・・・

その恥ずかしさで、心が弾んで心地いい

抱きしめられた体温と、キスの感触に触れたくて、貴方に逢いにゆく

深まる秋の様に、愛が優しく包み込む

大切な二人だけの蜜時・・・





刹那の季節





刹那の季節




溶け込む様に惹かれ合い、本能の疼きで貴方に堕ちてゆく

今夜も互いのおやすみで、会いたい気持ちが深くなる

瞳を閉じて貴方を想い・・・

五感で貴方に抱かれる温もりを感じとる

これから迎える刹那の季節は・・・

貴方への愛に溢れて、心が締めつけられてゆく






*CommentList

Doll









唯一でしか愛せない心は、どんなに辛くとも泣けないでいる

コントロールが出来なくて、冷酷な優しさに翻弄される私に・・

言葉はなくても、突き刺す視線と口移しで縛られてゆく

溺れゆく程失うのが怖くて、戸惑う事しか出来ない・・・

好きになる程、苦しさが増すのは何故?

深まりの中、刻まれる貴方の愛で・・・

何度も何度も・・壊されてゆく





*CommentList

籠の鳥




 籠の鳥 



 刹那の涙は誰の為?
 
溢れる気持ちは誰のもの?

言葉だけなら壊したほうがいい

傷つけあう度、永遠が消えなくて・・・

愛の迷路で彷徨い、佇んでいた

貴方の深き愛を知り・・・

過去がモノクロームに塗り替えられてゆく

繕う事が出来ない、不器用な籠の中で

心が歩き出したなら、優しい愛に守られてゆく




*CommentList

Menu

プロフィール

紗夜

Author:紗夜
訪問有難うございます
心に宿った言葉を詩にしています

応援して頂けると嬉しいです。

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
恋愛
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エッセー・詩
3位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数

検索フォーム

QRコード

QR