多種多様な愛への想いを綴ってゆく詩です。
願い~七夕によせて~
2018-07-07 Sat 00:00



七夕




二人の間に流れゆく天の川の隔たりに、どれだけ涙するのでしょう

互いの想いが強すぎた故、引き裂かれる運命だとしても・・・

年に一度だけでも貴方と愛し合える日を待ち続け、想いを機に織り込んで

雨で橋が架らずとも、川を隔てて貴方を想う

何故にこれほどの愛しさが募るのでしょう

願いは一つ、雨降ることなかれ七月七日は貴方と共に・・・




別窓 | 想い | コメント:5 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
<<純愛~fall in love~ | 愛は吐息に濡れて | キスの温度>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-07-11 Wed 02:14 | | # [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-07-10 Tue 02:25 | | # [内容変更]
こんばんわ
儚い恋だなと思いました。
2018-07-09 Mon 20:58 | URL | ネリム #oM6tt0T6 [内容変更]
願い~七夕によせて~
どれだけ願いが強くても逢うことが許されない恋。。。

夢の中だけでしか逢えないあなた、抱きしめることさえ出来ない切ない想い・・・

七夕ですね。

素敵な作品をありがとうございました。
2018-07-07 Sat 09:59 | URL | タケブロドットコム #OC9ijA42 [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-07-07 Sat 00:22 | | # [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
七夕祭りの 夜も更けて あの娘もきっと今頃は 短冊片手に願いを馳せる 星の瞬き溢れる想い 夜空の果まで旅支度 星に願いを込めたなら 天の川さえ 流れを止めて 二人の行く末 見守るでしょう 年に一度の逢瀬と知って 夜空の神さま紅ら顔 星に願いを込めたなら 宇宙の果で 散歩する 二人の星が 一つになって 僕の短冊 想いと一緒に 宙(そら)に舞う 星に願いを込めた... …
2018-07-08 Sun 21:34 ビーチサイドの人魚姫
∧top | under∨
| HOME |