多種多様な愛への想いを綴ってゆく詩です。
雨の中で
2018-06-12 Tue 22:22



雨の中で



紫陽花の葉より滴る雨粒に、貴方への想いが零れ落ちる

あの日、激しい雨の中で強く抱きしめられた指跡と・・・

髪先から滴る程、びしょ濡れの中求め合う唇の感触に・・・

二人の吐息さえ、雨音にかき消されてゆく

私の瞳を見つめ倒して、恥じらう隙も与えてくれない

貴方に、私の鼓動は鳴り止まないままでいる

互いの気持ちが逸れないように・・・

激しく打ちつける雨で、閉じ込めて・・・




別窓 | 追憶 | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<習性の悲愴 | 愛は吐息に濡れて | 追及の底辺>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-06-17 Sun 22:24 | | # [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-06-16 Sat 22:33 | | # [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-06-16 Sat 00:34 | | # [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-06-14 Thu 07:46 | | # [内容変更]
雨音にかき消されるという表現は切ないですね。
2018-06-13 Wed 12:47 | URL | タケブロドットコム #OC9ijA42 [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| HOME |