多種多様な愛への想いを綴ってゆく詩です。
これからも
2018-04-23 Mon 14:13




モノクロームの空間で、シナモンティ-の香りが漂う

貴方を知る度に、深くなる絆・・・

浮き彫りにされる真実と、隠され埋もれゆくものが交互する

貴方で良かったと、心から想う

ときめきから安堵へ・・・直感から確信へ・・・

二人だけの色に染まるまで・・・





別窓 | 貴方との愛 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<接触 | 愛は吐息に濡れて | 琥珀色の残骸>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-04-25 Wed 23:35 | | # [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| HOME |