多種多様な愛への想いを綴ってゆく詩です。
春に貴方と・・・
2018-03-16 Fri 22:37




夜桜の舞う公園で、貴方と手を繋いで歩いてみたい

恥ずかしさと心地よい緊張感が、周りの誰も見えなくなる程

二人きりの空間の中に溶け込んでゆく

繋いだ手を、貴方が強く握りしめた時・・・

汗ばんだ手の平と伝わる体温で、鼓動が早くなり苦しくなる

私を見つめる貴方の視線に、顔を上げる事すら出来ない

風に舞い散る花びらが、私の髪に一片おちて

それを取る貴方と、花びらに触れた私の指先が触れあう瞬間

月夜の光の中で、二人の影が重なりあう






別窓 | 想い | コメント:3 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
<<霧の海 | 愛は吐息に濡れて | うめてゆく時>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-03-19 Mon 08:02 | | # [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-03-17 Sat 04:55 | | # [内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-03-17 Sat 00:13 | | # [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
満開の桜を見詰める あなたの優しい眼差しが わたしの胸を熱く締め付ける どれほど待ち望んだことでしょう 百年もの間 心閉ざして待っていた いつかこの時が来ることを信じていた 桜が百年咲いても 花びらが千年散っても わたしとあなたはひとつになって 永遠の花を咲かせることでしょう やっと出会えたあなたに 今宵は桜吹雪の投げキッス 桃色小紅は春の風 あなたのため... …
2018-04-24 Tue 18:47 ビーチサイドの人魚姫
∧top | under∨
| HOME |