多種多様な愛への想いを綴ってゆく詩です。

偽りのバリア





私に向けられた貴方の気持ちが途絶えるのが怖い

嫌われたくない想いが、心を偽りのバリアで塞ぐ

許すも許さないもない・・・

言葉の裏に秘められた貴方の冷笑に、私の心は凍り付く

出口の見えないトンネルの中で

私はまだ、貴方に触れる事すら出来ないでいる







3 Comments

まだコメントはありません

miss.key  

信じきれぬ辛さですな

 自分を信じきれぬから相手も信じられぬ。人の持つ宿命みたいなものでしょうか。でもそのうち自分なんてどうでも良くなって、とりあえずダメ元でもかましてみるのが大切だと悟るようになる。大抵手遅れだったりするんですが(笑

2018/02/25 (Sun) 20:05 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/02/25 (Sun) 00:19 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/02/24 (Sat) 20:50 | REPLY |   

Leave a comment