多種多様な愛への想いを綴ってゆく詩です。

秘めたる支配





貴方の心の奥にある、秘めたる支配が目覚めた時

二人の会話が途切れ、無口になる

普段は優しく、僕はと言う貴方が

その時だけは厳しい口調で、俺はと言う

いつもは私を直視しない貴方が

真っすぐに私を見据えたとき・・・

眼鏡越しの鋭い視線に、釘付けになる

いつもは名前で呼ぶ貴方が、おまえと云う時

高鳴る鼓動と緊張の渦で

呼吸も苦しくなる程、押し潰されそうになる




1 Comments

まだコメントはありません

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/31 (Wed) 23:29 | REPLY |   

Leave a comment