多種多様な愛への想いを綴ってゆく詩です。

切なさの裏側





気の利いた愛の言葉より

涙が溢れそうな瞳をこらえながら

私だけを見つめる貴方が好き・・・

不器用で口下手だけど

嘘のない貴方が好き・・・

「おまえだけだ」と一言だけ、ぽつりと云う

そんな貴方に心が震えて涙が溢れた








1 Comments

まだコメントはありません

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/01/12 (Fri) 03:35 | REPLY |   

Leave a comment