多種多様な愛への想いを綴ってゆく詩です。

時の幻影




今は幻でしか追えない貴方の姿

過ぎゆく時の移ろいの中で、薄れゆく私の意識と共に

貴方の幻影が脳裏に鮮明に蘇ってくる

共に歩いた海辺の砂浜・・・

夕日が差しこむ光の中で、重なる二つの影

私の髪にそっと触れた貴方の指先・・・

見上げた瞬間、溶け合う貴方とのキス

抱きしめられた愛の温度が、今でも冷めずに残っている







5 Comments

まだコメントはありません

ネリム  

初めまして、足跡から参りました
体温を感じる恋はロマンティックだと思います。

2017/12/13 (Wed) 22:58 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/12 (Tue) 23:31 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/12 (Tue) 06:31 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/11 (Mon) 08:36 | REPLY |   

ray  

肌が体温を記憶する。
そんな恋をいつまでもできる感性を
持ち続けていたいですね。

2017/12/11 (Mon) 04:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment