FC2ブログ
多種多様な愛への想いを綴ってゆく詩です。
純恋花火
2018-08-07 Tue 17:25



純愛花火




一瞬で燃え尽きる打ち上げ花火より、密かに燃え続ける線香花火が好き

大切に二人だけの愛を誰にも気づかれない様、深めてゆきたい

花火を見上げる時、手を繋いでくれた貴方の勇気と・・・

好きの温度で、トキメキで胸が張り裂けそうだから・・・

お互いの好きと恥ずかしさが花火の音で消えてゆく

深まる時は線香花火の様に、ギリギリまで熱く・・・

最期まで貴方との愛で燃え尽きたい



別窓 | 想い | コメント:3 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
願い~七夕によせて~
2018-07-07 Sat 00:00



七夕




二人の間に流れゆく天の川の隔たりに、どれだけ涙するのでしょう

互いの想いが強すぎた故、引き裂かれる運命だとしても・・・

年に一度だけでも貴方と愛し合える日を待ち続け、想いを機に織り込んで

雨で橋が架らずとも、川を隔てて貴方を想う

何故にこれほどの愛しさが募るのでしょう

願いは一つ、雨降ることなかれ七月七日は貴方と共に・・・




別窓 | 想い | コメント:5 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
習性の悲愴
2018-06-19 Tue 14:12




ガラス越しの涙




薄い硝子の様に繊細な私は、土足で踏み込まれることを好まない

些細な事で傷つき、拒否して壊してしまう・・・

貴方の前だけ、無邪気になれる・・・

見つめられると、心の奥まで支配されたいと願う

夢中になる程、冷めてる私はいつも貴方を試してしまう

深まりが強くなる程、愛しすぎて疲れて・・・

愛してるだけでは、足りないのかもしれない

本当の悲しみを抱えると、苦しみで涙は凍り付いてしまう

硝子の様に儚く・・貴方を愛しすぎて涙が止まらない

弱さが伝わる程、強がる貴方が好きだった

大切な宝物は、私の心の底に一つだけ・・・



別窓 | 想い | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
心緒
2018-05-30 Wed 18:00



貴方の怒りの軸に触れた時、失望の渦で自己を責めぬいてしまう

貴方の素直な心に触れた時、自身の未熟さに涙が止まらない

深くなる程、乗り越えてかけがえのない絆に変わる

貴方の悲しみに触れた時、孤独と強さの生き様に惹かれてゆく

貴方の愛に触れた時、幸せに満たされ安堵に包まれる

私の心緒は、貴方次第で乱れて溶けてゆく





別窓 | 想い | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
指定席
2018-05-08 Tue 22:16




人生の分岐で試練ばかりを通りすぎてきたのは、全てが貴方に繋がる為・・・

孤独な貴方の心の奥にある、たった一つの指定席

今迄、誰も踏み込ませなかった特別な場所

そこは、私の為に空けてある分岐の先の最終地点・・・

二人が出会った時に、感じたものは今でも変わらない

唯一にたどり着いた安堵と、無二という深まりの中で

確信の宿命に導かれて、これからは貴方との愛と共に・・・





別窓 | 想い | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| HOME | NEXT