FC2ブログ

刹那の季節

| EDIT





刹那の季節




溶け込む様に惹かれ合い、本能の疼きで貴方に堕ちてゆく

今夜も互いのおやすみで、会いたい気持ちが深くなる

瞳を閉じて貴方を想い・・・

五感で貴方に抱かれる温もりを感じとる

これから迎える刹那の季節は・・・

貴方への愛に溢れて、心が締めつけられてゆく






Category: 想い

夕涼み

| EDIT





夕涼み





暑さが残る縁側で、貴方と一緒に夕涼み

風鈴の音色に乗って吹く風が、結髪のうなじを撫でて心地いい

鳳仙花を眺めつつ、蚊取り線香の煙が目に染みて

ふと俯くときに、頭を貴方の肩に抱きよせてくれた

どこからともなく聞こえる鈴虫の声に、夏の終わりと秋の足音を感じとる





※皆様へ、残暑お見舞い申し上げます

いつも、訪問下さり有難うございます

今年は例年になく暑い夏でした、お身体ご自愛下さいませ※

Category: 想い

純恋花火

| EDIT




純愛花火




一瞬で燃え尽きる打ち上げ花火より、密かに燃え続ける線香花火が好き

大切に二人だけの愛を誰にも気づかれない様、深めてゆきたい

花火を見上げる時、手を繋いでくれた貴方の勇気と・・・

好きの温度で、トキメキで胸が張り裂けそうだから・・・

お互いの好きと恥ずかしさが花火の音で消えてゆく

深まる時は線香花火の様に、ギリギリまで熱く・・・

最期まで貴方との愛で燃え尽きたい



Category: 想い

願い~七夕によせて~

| EDIT




七夕




二人の間に流れゆく天の川の隔たりに、どれだけ涙するのでしょう

互いの想いが強すぎた故、引き裂かれる運命だとしても・・・

年に一度だけでも貴方と愛し合える日を待ち続け、想いを機に織り込んで

雨で橋が架らずとも、川を隔てて貴方を想う

何故にこれほどの愛しさが募るのでしょう

願いは一つ、雨降ることなかれ七月七日は貴方と共に・・・




Category: 想い

習性の悲愴

| EDIT





ガラス越しの涙




薄い硝子の様に繊細な私は、土足で踏み込まれることを好まない

些細な事で傷つき、拒否して壊してしまう・・・

貴方の前だけ、無邪気になれる・・・

見つめられると、心の奥まで支配されたいと願う

夢中になる程、冷めてる私はいつも貴方を試してしまう

深まりが強くなる程、愛しすぎて疲れて・・・

愛してるだけでは、足りないのかもしれない

本当の悲しみを抱えると、苦しみで涙は凍り付いてしまう

硝子の様に儚く・・貴方を愛しすぎて涙が止まらない

弱さが伝わる程、強がる貴方が好きだった

大切な宝物は、私の心の底に一つだけ・・・



Category: 想い
  • »
↑