FC2ブログ
多種多様な愛への想いを綴ってゆく詩です。
天国への道標
2018-08-15 Wed 22:38



天国への階段




どんなに泣いても、貴方には届かない・・・

天国への道標があるとしても、地図がなければ貴方がいる場所へは辿り着けない

生き続ける事は、命を絶つより辛く・・・

抜け殻のまま、心に重い十字架を抱えている

心に刺さった愛の傷が癒えるのは、いつになるのだろう

想い出は儚く、貴方の面影はそのままに私だけの時が過ぎてゆく





別窓 | 追憶 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
純恋花火
2018-08-07 Tue 17:25



純愛花火




一瞬で燃え尽きる打ち上げ花火より、密かに燃え続ける線香花火が好き

大切に二人だけの愛を誰にも気づかれない様、深めてゆきたい

花火を見上げる時、手を繋いでくれた貴方の勇気と・・・

好きの温度で、トキメキで胸が張り裂けそうだから・・・

お互いの好きと恥ずかしさが花火の音で消えてゆく

深まる時は線香花火の様に、ギリギリまで熱く・・・

最期まで貴方との愛で燃え尽きたい



別窓 | 想い | コメント:3 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
砂のグラス
2018-07-31 Tue 01:57


砂のグラス





記憶から離れていれば、思い出す度辛くて・・・

今年もまた、貴方との季節が来る

年の差も気にならない程、強く愛して全てを受け入れてくれた貴方・・・

好きという貴方の情熱で私は溶かされた、初めての海辺を歩いただけで・・・

運命を感じて愛し合い、唯一で結ばれる為なら全てを捨てたあの頃・・・

永遠の直前で、自ら命を絶った貴方・・

あれから海に行けない、全てが砂で流されてしまうから

想いはグラスに閉じ込められたまま、時が止まっている

刹那の愛のピークを留めたままの貴方は罪人

私のこの苦しみを愛してるのなら解放して欲しい




別窓 | 追憶 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
灼熱のバリア
2018-07-24 Tue 22:11




灼熱のバリア





不器用な私は話が上手い人よりも、惹かれるのはいつも口数が少ない貴方・・・

同じタイプは欠点もわかりすぎて難しく、辛い思いも倍増するのに

それ以上に、魂が惹きつけ共鳴し合う

私に見せたはにかんだ笑顔も、抱き合い長いキスを交わした時も

好きが伝わり、嬉しさで一杯になる

想いが通じ深まる度に、貴方に守られる愛のバリアで純粋でいられる

静かな貴方の嫉妬と愛の激しさの灼熱の炎で、私の全てを焼き尽くして欲しい





別窓 | 貴方との愛 | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
赤と黒
2018-07-17 Tue 14:51



赤と黒




情熱の深さを計る程、辛さが増すが故に諦めた愛の形

時が過ぎて再び、貴方からのメッセージ・・・

何気ない言の葉から、私の心は溶けだしてゆく

貴方と過ごした年月が、深まる度に・・・

辛く悩んで、苦しみと共に闇の中に堕ちてゆく

私の全てを受け止めてくれるのは、貴方だけだと知っている

愛し合うが故僅かなズレが見えた時、大人な貴方が悲しかった

あの時、離さないでいてくれたら・・・

貴方の世界から、抜け出す事はなかった

いつもギリギリで、心を繋ぎとめる貴方が嫌い




別窓 | 追憶 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
純愛~fall in love~
2018-07-11 Wed 21:30




純愛 fall in love




引き寄せられる磁石の様に二人が出会えた事、全てが答えだから

抱きしめられる度に込められた指先の強さに、想いが伝わり切なくなる

好きの気持ちで心が火照り、他の誰も見えなくなる

ひたむきな貴方と、二つの唇が重なりあう時・・・

激しい想いを涙と引き換えに、戸惑いの中離れられない




別窓 | 貴方との愛 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
願い~七夕によせて~
2018-07-07 Sat 00:00



七夕




二人の間に流れゆく天の川の隔たりに、どれだけ涙するのでしょう

互いの想いが強すぎた故、引き裂かれる運命だとしても・・・

年に一度だけでも貴方と愛し合える日を待ち続け、想いを機に織り込んで

雨で橋が架らずとも、川を隔てて貴方を想う

何故にこれほどの愛しさが募るのでしょう

願いは一つ、雨降ることなかれ七月七日は貴方と共に・・・




別窓 | 想い | コメント:5 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
キスの温度
2018-07-03 Tue 22:08




キス





心を開いたら、好きの気持ちだけで通じ合う

同じ時の空間が、ときめきの鼓動で止まらない

いつも逢えない二人だから、心よせていたい

好きの気持ちをキスに重ねて、何度も何度でも・・・

時を忘れて触れ合う唇に、二人の吐息が混ざり合う





別窓 | 貴方との愛 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
深愛
2018-06-27 Wed 22:42

深愛


好きになる程、貴方が欲しい・・・

大切で失いたくなくて、貴方だけで日々が過ぎてゆく

深まりが増す程、純粋でいたい・・・

見つめる貴方の笑顔から愛を感じると、胸が締め付けられる

【俺だけを見ていればいい】 そんな貴方の言葉・・・

真実なら、激しく強く愛でて欲しい

貴方の愛が深まるのなら、全てを受け入れたい

底なしの欲望に沈められても、貴方の愛なら這い上がれなくていい


別窓 | 貴方との愛 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
習性の悲愴
2018-06-19 Tue 14:12




ガラス越しの涙




薄い硝子の様に繊細な私は、土足で踏み込まれることを好まない

些細な事で傷つき、拒否して壊してしまう・・・

貴方の前だけ、無邪気になれる・・・

見つめられると、心の奥まで支配されたいと願う

夢中になる程、冷めてる私はいつも貴方を試してしまう

深まりが強くなる程、愛しすぎて疲れて・・・

愛してるだけでは、足りないのかもしれない

本当の悲しみを抱えると、苦しみで涙は凍り付いてしまう

硝子の様に儚く・・貴方を愛しすぎて涙が止まらない

弱さが伝わる程、強がる貴方が好きだった

大切な宝物は、私の心の底に一つだけ・・・



別窓 | 想い | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
雨の中で
2018-06-12 Tue 22:22



雨の中で



紫陽花の葉より滴る雨粒に、貴方への想いが零れ落ちる

あの日、激しい雨の中で強く抱きしめられた指跡と・・・

髪先から滴る程、びしょ濡れの中求め合う唇の感触に・・・

二人の吐息さえ、雨音にかき消されてゆく

私の瞳を見つめ倒して、恥じらう隙も与えてくれない

貴方に、私の鼓動は鳴り止まないままでいる

互いの気持ちが逸れないように・・・

激しく打ちつける雨で、閉じ込めて・・・




別窓 | 追憶 | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
追及の底辺
2018-06-05 Tue 12:04



純真な無垢を求めるが故に、黒い棘で壊してしまう

お互いを知る程、同じだと言う貴方と・・・

確かめなければわからないと云う貴方

唯一の運命は、幸せとは限らない

大切な事は、全てをを受け入れ失わない事

どんなに辛くても、命が限られていても・・・

全てを押し殺しても、貫く覚悟があるのなら

出会えた事で、初めて生きてる意味が持てたなら

愛より深い場所へ、行けるかもしれない・・・

たとえ私が壊れても、貴方の存在だけがあればいい

愛の言葉が嘘になるのなら、私は囁かない

嘘のない愛なら、どれだけ傷ついてもいい

貴方の心の奥にある分厚いバリアを解いて欲しい

確かめて違うなら、生きてる意味はない

全ての不安を打ち消す事が出来るのなら・・・

貴方との世界だけで、生きてゆける




別窓 | 貴方との愛 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
心緒
2018-05-30 Wed 18:00



貴方の怒りの軸に触れた時、失望の渦で自己を責めぬいてしまう

貴方の素直な心に触れた時、自身の未熟さに涙が止まらない

深くなる程、乗り越えてかけがえのない絆に変わる

貴方の悲しみに触れた時、孤独と強さの生き様に惹かれてゆく

貴方の愛に触れた時、幸せに満たされ安堵に包まれる

私の心緒は、貴方次第で乱れて溶けてゆく





別窓 | 想い | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
証跡
2018-05-22 Tue 22:16



見えない支配で、私を閉じ込めて・・・

貴方の世界から抜け出せなくなるまで

愛撫は強く刻んで欲しい 愛の証が消えぬ様・・・

純粋がゆえ傷つけてしまう、真っすぐな貴方の激しさで

僅かな不安も打ち消して、貴方のものだとわからせて・・・




別窓 | 貴方との愛 | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
廻りゆく愛
2018-05-15 Tue 22:22




夏の暑さが残る季節に出会い 夕日の差し込む砂浜を手を繋いで歩く二人

枯れ葉が落ちる木枯らしと共に 貴方への切なさが深まりゆく

ホワイトクリスマスに届いた愛のメッセージソングで 嬉し涙が頬を伝う

桜の舞う公園で膝枕をしてくれたささやかな幸せと 春の訪れの喜びで満ちていた

永遠の愛を誓う前に 数行の手紙を残しこの世界から旅立った

廻りゆく歯車の中で 虚ろい彷徨う私の魂・・・

あれから幾つの季節が通りすぎゆくのだろう

新緑の隙間から差し込む日差しの眩しさの中で 貴方の影を見つけた






別窓 | 追憶 | コメント:7 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| HOME | NEXT